【口コミ】山本漢方「大麦若葉粉末100%青汁」のみんなの評判は?

MENU

青汁の原料として有名な大麦若葉とは?

栄養豊富で味に癖がない大麦若葉

大麦若葉は青汁の主要成分として配合されることの多い野菜です。イネ科の植物で、大麦の草丈が20cmから30cm程度の若葉のころに収穫されます。食物繊維やビタミン、ミネラルといった栄養素が豊富で、さらには三大栄養素の糖質・たんぱく質・脂質も含んでいるのが特徴です。

 

抗酸化作用や抗炎症作用もあり、栄養補給や健康維持だけでなく美容やダイエットにも適しています。葉野菜独特の苦味や臭い、味に癖が少ないので、子どもや野菜嫌いの方でも無理なく飲めるのが利点で、多くの青汁の主要原料として用いられています。

 

健康維持に大麦若葉が向いている理由

大麦は成長度合いによって含まれる栄養素に変化が生じる野菜です。草丈20cm程度の若葉の頃が最も栄養価に優れ、成長した草丈60cm程度の時と比較すると、たんぱく質やカルシウム、カリウムの含有量が高くなります。

 

青汁の原料として優れている最大のポイントは、栄養バランスの良さにあります。栄養素は一つだけが多くても、吸収効率などの関係で体内でうまく機能しない場合があります。しかし大麦若葉は栄養素全体の底上げを行ってくれるので、即効性は他の原料と比較して感じにくいものの、長期的な健康維持には適しています。